看護師が教える?!医療関係者のおしごと 〜臨床工学技士とはどんな仕事なの?〜

みなさんこんにちわ、koukiです。

今回のテーマは「臨床工学技士」です。

これまた、なじみがない方が多いと思います。

ただ、病院ではとても大切な職業です。

イメージとしては病院の医療機械類のエンジニアだと思ってください😀

とても頼りになる存在の臨床工学技士さんはどんなことをしているの見ていきましょう!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

臨床工学技士とは?

病院やクリニックで医療機器の準備、操作、保守点検を手がける職業。

扱う機器は人工呼吸器、人工心肺装置、血液透析装置など幅広い。

機器の操作が患者の命や健康に直結するため、大きなやりがいと責任感を得られる職業だ。

臨床工学技士になるには

知識・技能の修得は養成機関で臨床工学技士になるには、
大学で指定科目を履修するか、指定の養成所で必要な知識や技術を学んで国家試験に合格しなければならない。

大学では臨床工学科、医用生体工学科などで4年、
短大では臨床工学科で3年、専門学校では臨床工学科、臨床工学技士科などで3〜4年学ぶ。

また以前に医療系資格養成所や大学などで一定期間修学したことがある者は専攻科で1〜2年学べば受験資格を取得できる

試験科目は、医学概論、臨床医学総論、医用電気電子工学、医用機械工学、生体物性材料工学、
生体機能代行装置学、医用治療機器学、生体計測装置学、医用機器安全管理学で、医学と工学の両面の知識が問われる。

臨床工学技士の仕事内容

医学・工学の両面で人命を守る専門技術者

臨床工学技士は医療チームの一員として、ME(医用工学)機器の操作や保守点検を行っています。

ME機器には、人工呼吸器、血液透析装置、人工心肺装置、除細動装置、高気圧酸素治療装置、
体外式心臓ペースメーカーなどが含まれている。

これらの機器は、患者の血液循環、呼吸、尿の排せつなどの機能を補助するもので、
患者の生命、健康を直接的に左右すると言えます。
そのため、機器を操作する臨床工学技士は極めて重要な役割を担っています。

医療機器のめざましい進歩に伴い、高性能なME機器の操作や管理をする専門技術者は、
近年ますます必要とされるようになってきています。

臨床工学技士は主に病院やクリニックで働いています。

医療機器は多くの治療に必要になるため、臨床工学技士も病院のさまざまなところで活躍しています。

例えば救急救命センターでは搬送されてきた人に人工呼吸器を取り付けたり、
手術室では心臓を止めた患者の生命を維持するために人工心肺装置を準備・操作したりしています。

また、ME室と呼ばれる機器の保管庫で、医療機器の保守・点検を行うことも多いです。

病院によっては手術用のロボットや、手術中のナビゲーションシステムの運用に関わることもあり、
医療機器のプロフェッショナルとして最新の技術に触れる機会が少なくないです。

そのほか、知識や経験を生かし、医療機器メーカーの営業職として働く人もいます。

臨床工学技士の働き方

業務範囲によって働き方がハードに

臨床工学技士の主な職場は病院とクリニックです。

病院では、手術室や透析室、集中治療室など複雑な医療機器を取り扱う部署に配属されるのが一般的です。

また、医療機器メーカーの営業職として、医師や臨床工学技士に機器を販売したり、
最新機器のサポートを行ったりしている人もいます。

病院で働く場合、どのように採用されるかで働き方がやや変わってきます。

手術や救急救命への立ち会いを前提にした採用であれば、緊急事態に対応できるように、
勤務時間外の待機が含まれていたり勤務時間が交替制になっていたりして少し不規則な働き方となります。

また、手術中、例えば人工心肺装置を操作するような場面では自分の操作が患者の命を左右するために、
かなりの緊張感に迫られます。手術が長時間にわたることも多く、
医師などと同じく人によっては肉体的・精神的にかなりハードだと感じるとおもいます。

一方で、業務範囲が機器の管理だけの場合や、手術の立ち会いを含まない場合、
固定の勤務時間のもとで比較的ワーク・ライフバランスのとれた生活を送れることもあるようです。

臨床工学技士に向いている人

医療と工学両方への知識、興味が必要

臨床工学技士は医療と工学、両方の専門的な知識が求められます。

なるべく両方に興味がある人の方が向いています。

もしどちらかだけに興味を抱いているようなら、もう片方の学問や仕事の魅力的なところを探してみましょう。

臨床工学技士の業務は人の命を左右する、極めて責任の大きいものです。

そのため責任感が強い、人を助けたいと強く思える人が望ましいです。

また、業務上ミスが許されない一方で機械の不具合などアクシデントに見舞われることもあります。

細かい作業が得意なことやどんなときでも落ちついて対処できることが重要な資質です。

そのほか、手術が長時間にわたったり緊急事態で時間外に呼び出されたりすることも。

体力に自身があることも適性の一つと言えそうです。

臨床工学技士の資格は?

必須資格…臨床工学技士

臨床工学技士として働くためには、国家試験の合格者に与えられる「臨床工学技士」の資格が必要です。

試験の受験資格は大学や専門学校など指定の養成所を卒業することで得られます。

試験科目は医学概論、臨床医学総論、医用機械工学といった複数の科目から構成されており、
医学と工学、両方の専門的な知識が求められるものになっています。

大学や養成所でしっかり学びを深めることが合格に欠かせないでしょう。

2019年の国家試験では、2828名が受験し、うち2193名が合格。合格率は77.5%。

また、国家資格とは別に、「日本臨床工学技士会」が行っている認定資格もいくつかあります。

例えば「血液浄化専門臨床工学技士」などは、
取得できれば特定の業務のプロフェッショナルとして認められることになります。

実際の取得は就職してからになるが、将来のキャリアアップの手段として知っておくといいでしょう。

関連する職業

医師/歯科医師/看護師/保健師/薬剤師/理学療法士/臨床検査技師/診療放射線技師/作業療法士/細胞検査士/
言語聴覚士/視能訓練士/はり師・きゅう師/音楽療法士/歯科技工士/歯科衛生士/薬品メーカー勤務/義肢装具士/
柔道整復師/あん摩マッサージ指圧師/診療情報管理士

臨床工学技士に関連した職業は、医療・看護系の職業から見つけることができる。
このうち医師や看護師は、同じチーム医療のメンバーとして強く連携していく関係にある。
どのような仕事を行うのか調べておくと、この分野への志望がより深まり今後の学びや仕事にも生きていくだろう。
また臨床検査技師は、同じ医療スタッフかつ、名前が似ているので混同しやすいが、業務内容は大きく違う。
どのような点が違うのか、調べてみよう。

臨床工学技士の将来性

最先端の医療を支える職業として存在感UP

臨床工学技士は現代の高度な医療にとって欠かせない存在です。

医療技術がどんどん進歩している今、需要がなくなることはないでしょう。

一方で、臨床工学技士は全国に2万人程度しかおらず、看護師などに比べるとまだまだ認知度が低い職業です。

病院ごとの数の偏りもあり、施設によっては人手不足に陥っているところも。

先に挙げたように、技術が進歩していくと、
専門的な知識を持つ臨床工学技士の力が必要になる場面が増えていくでしょう。

こうした背景から、臨床工学技士を育成する養成機関が増えつつあり、
以前よりも臨床工学技士をめざしやすくなっていると言えます。

また、高齢化の影響もあり、医療の需要自体が拡大していることも大きいです。

すぐれた医療のために、臨床工学技士への注目と期待は集まるばかりですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は臨床工学技士について話していきましたが、
看護師をしている病院でも透析室や病棟の心電図モニターやAED,電気ショック、人工呼吸器の管理してくれています。

また、透析室の管理もしてくれているので、命に直結する機会も扱っているスペシャリストです。

私の感覚ですが、臨床工学技士さんは勉強家がほかの職種より多いと感じます。

勉強面はどの職種も行っていますがより一層の勉強量が求められるかもしれませんね😅

ここで紹介ですが医療関連の仕事が本に載ってるので良かったら読んで見てどのお仕事が良いのか確認してみてください!

自分に合う医療の仕事があると思います!

⬇️⬇️⬇️⬇️商品のURLになります⬇️⬇️⬇️⬇️

国際保健医療のお仕事改訂2版 あなたもチャレンジしてみませんか [ 中村安秀 ]

価格:2,750円
(2021/4/24 22:45時点)
感想(0件)

それでは次回のブログ記事で!!

ブログ日記始めました!

koukiの日記

とある看護師の日常日記というブログ日記を始めたのでよかったら読んで欲しいです!

なるべく多く更新できるようにブログよりは緩く更新していきます!

それでは次回の記事で!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!

個人的にオススメ記事になります!!

あわせて読みたい
訪問看護事業所を持つための看護師ノート 〜看護師の独立について考える〜 皆さんこんにちわ、フラッターブログ住人のkoukiです。 この記事は私が将来訪問看護ステーションをもつための夢ノートのような感じで、勉強したものを書いていきますの...
あわせて読みたい
みんなが知らない教育実習とは?! 後編 〜学校の先生になるには〜 フラッターブログの住人Hikkeyです! 以前の記事にて教育実習のことを記事にて書きました! 今回の記事も前回に引き続き教育実習についての体験記事になります! 前回記事...
フラッターブログ
プログラミング言語のハテナ?! 〜Javaとはどんな言語?〜 ~ フラッターブログ フラッターブログ管理人のmasakiです! 最近はプログラミング言語の記事を増やしています! 前回はPHPについて書きました! PHPはかなり初心者の方が勉強している言語で有...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる