みんなが知らない教育実習とは?! 後編 〜学校の先生になるには〜

フラッターブログの住人Hikkeyです!

以前の記事にて教育実習のことを記事にて書きました!

今回の記事も前回に引き続き教育実習についての体験記事になります!

前回記事URLになります⬇️⬇️⬇️⬇️

あわせて読みたい
みんなが知らない教育実習とは?! 前編 〜学校の先生になるには〜
みんなが知らない教育実習とは?! 前編 〜学校の先生になるには〜半袖シャツで過ごす日が多くなってきたHikkeyです。今回は以前連載企画の『元教育学部生の覚え書き』で予告した教育実習についての体験記事になります!!この教育実習で...

自分がそこから学んだことやなぜ教師を目指すのをやめたのかについて赤裸々にお話させていただきます。

是非最後までお付き合いいただけると嬉しいです!!

それでは参りましょう!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

教育実習の裏話 ~学校行事について~

自分の実習中には大きな学校行事が2つありました。

1つは体育祭です。

基本は生徒が主役なので表に出ることはありませんが、
自分は競技中の生徒の写真を撮るという仕事がありひたすら校庭を走り回っていました。

終わった翌日に生徒に負けないくらい日焼けしていてシャワーを浴びる際にすごく痛かったのを覚えています。

他の先生方も生徒の誘導来訪する保護者の対応などの仕事がありじっとしている時間はほとんどありませんでした。

体育祭前にはクラスの子から練習をしたいという要望がありその監督役をしたこともありました。

普段どちらかというお調子者のようなキャラの子たちも学校行事なると目の色を変えて取り組んでいる姿には本気さが伝わってきて自分も少しでも力になってあげたいと思いました!!

2つ目は修学旅行です。

とはいっても自分は同行はできないので関わったのは準備の工程です。

子供たちがガイドブックやパソコン室でどこに行くかを楽しそうに話しているのを見ると「自分もこの時間が一番楽しかったなあ」とノスタルジックな気持ちになりました。

また同行はできませんが朝駅に集合する生徒たちを見送ることだけはさせてもらえました。

もう楽しそうな雰囲気が凄く伝わってきてそのままついていきたくなりました笑

教員をあきらめた理由① ~感じた息づらさ~

前編で少しお話しましたが実習期間は休日でも授業のことを考えてしまいあまり休日感がありませんでした。

また実際の勤務でも休憩時間と呼べるものは全くなく常に子供たちの様子に気を使わなければなりませんでした。

だんだんとそうした現状に息苦しさを自分は感じるようになってしましまた。

教師という職業は子供たちを何よりも子供たちのことを優先し日々の授業や学校生活に取り組まなければなりません。

言葉だけでは当たり前のことのように聞こえますがこれを実行するのは中々大変なものがあります。

普通の仕事ならよっぽどのブラック企業でもない限り休憩時間はありますからね。

教員という職業は本当に子供が好きで常に最優先で考えることができるという人でないと続けていけない職業であると感じました。

そこまで自分の中で考えることができなかったのが一つの大きな理由でした。

教員をあきらめた理由② ~仕事として続けるビジョンが見えなかった~

教員になるといわゆる定年退職となる60歳まで約40年間続けることになります。

先に感じた息苦しさから自分にはこの仕事を長く続けるビジョンを立てることができませんでした。

どこかで体を壊して仕事が出来なくなってしまうのではないかと感じてしまったのが大きいです。

あくまで自分の体感なので必ずしもそうというわけでは決してないです。

教員をあきらめた理由③ ~自分の中での価値観の変化~

大学に入学する前までは仕事に自分の今後の大半の時間を使うことに何も抵抗はありませんでした。

しかし大学に入って色んな場所に行ったりするうちに自分の中で色んな事に興味を持つようになりました。

教員になると自分の時間が大幅に削られることは目に見えていたのでそうした価値観の変化も迷いが生じた理由の一つでした。

教育実習から学んだこと

ここまでどちらかというとネガティブな面ばかり述べてきましたがもちろん教育実習を通して学んだことも沢山あります!!

1つは子供たちの成長を間近に実感することができたことです!

自分がいたのはたった1か月という短い期間でしたがその間でも子供たちがどんどん成長していくのが目に見えて実感できてそれがとても嬉しかったです!!

例え先生にならなくてもこの経験は自分が親になった時にはきっと役に立つと思っています。

もう一つは時間に対する意識が高められたことです!

前編でも述べましたが教師はとにかくスケージュールが常にタイトで気が抜けません。

その中で時間を有効に使おうという意識が大きく高められました!!

具体的にはあらかじめ大まかな1日のスケジューリングをすることや時計を意識的に見ることを心掛けるようになりました!!

この実践は今の仕事でも生きていますし今後も必ず役に立ってくると思います!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

全てではありませんが教育実習というものについてそしてそこから自分が感じたことについてお伝え出来たかと思います。

今でも現役で教師をしている大学の同期や先輩後輩に会うことがありますが皆開口一番に「とにかく大変」と言っています。

ですがそれ以上に子供たちの成長を実感できるという大きなやりがいを感じているようでした!!

自分はそこまでのやりがいを感じることができなかったのも教師にならなかった大きな理由の一つでした。

全ての先生がしっかりとそのような思いを持っているかというと自分には保証できません。

ですが世の中の大半の先生はこうした思いのもと日々自分の時間を削ってまで子供たちと真剣に向き合っています!!
なので先生たちにはできるだけ皆さん優しく接してあげてくださいね。

ちなみに自分は教育実習の前にこの本を読んで勉強していました!!

とても参考になる本なので教師を目指す人は是非読んでみてください!!

教師のNG思考 不正解から考える自分の伸ばし方【電子書籍】[ 土居 正博 ]

価格:1,980円
(2021/5/19 22:38時点)
感想(0件)

それではまた次の記事で✋

ブログ日記始めました!

日記

あの日書いたコードの作り方を僕たちは知らないという日記を始めたのでよかったら読んで欲しいです!

なるべく多く更新できるようにブログより更新していきます!

それでは次回の記事で!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックしてもらえると嬉しいです!

個人的オススメ記事になります!

あわせて読みたい
訪問看護事業所を持つための看護師ノート 〜看護師の独立について考える〜
訪問看護事業所を持つための看護師ノート 〜看護師の独立について考える〜皆さんこんにちわ、フラッターブログ住人のkoukiです。この記事は私が将来訪問看護ステーションをもつための夢ノートのような感じで、勉強したものを書いていきますので...
あわせて読みたい
プログラミング言語のハテナ?!  〜Pythonとはどんな言語?〜
プログラミング言語のハテナ?! 〜Pythonとはどんな言語?〜フラッターブログ管理人のmasakiです!最近はなるべく多くIT関連の記事を増やしています。自分は実際に勉強しているとのこともあり多少の知識があるのでそのことを書い...
あわせて読みたい
みんなが知らない教育実習とは?! 前編 〜学校の先生になるには〜
みんなが知らない教育実習とは?! 前編 〜学校の先生になるには〜半袖シャツで過ごす日が多くなってきたHikkeyです。今回は以前連載企画の『元教育学部生の覚え書き』で予告した教育実習についての体験記事になります!!この教育実習で...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる