訪問看護事業所を持つための看護師ノート 〜看護師の独立について考える〜

皆さんこんにちわ、
フラッターブログ住人のkoukiです。

この記事は私が将来訪問看護ステーションをもつための夢ノートのような感じで、
勉強したものを書いていきますので基本見づらいと思いますが、
もし同志がいれば是非参考にしてみてください

出来るだけみやすくできるようには頑張ります!

それでは参りましょう!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

 訪問看護とは?

○ 疾病又は負傷により居宅において継続して療養を受ける状態にある者に対し、
その者の居宅において看護師等が行う療養上の世話又は必要な診療の補助をいう。

○ 介護保険の給付は医療保険の給付に優先することとしており、要介護被保険者等については、
末期の悪性腫瘍、難病患者、急性増悪等による主治医の指示があった場合などに限り、
医療保険の給付により訪問看護が行われる

訪問看護における保険は?

  1. 介護保険
    対象:介護保険で訪問看護を利用する場合、65歳以上で要支援・要介護の認定を受けている人
    また、40~64歳の人は「16の特定疾病」に該当し、
    要支援・要介護認定を受けた場合にのみ介護保険で訪問看護を利用することが可能です。
    要介護1~5では「訪問看護」、要支援1~2では「介護予防訪問看護」の対象になります。
    ※利用の際は、ケアマネジャーや地域包括支援センター、訪問看護ステーションなどに相談・依頼を。
  2. 医療保険
    対象:介護保険の対象にならない40歳未満や介護保険の支給限度額を超えたサービス利用の場合には、
    医療保険が適用されます。 医療保険でも訪問看護は利用可能。
    医療保険で訪問看護を利用する際は、医師が訪問看護によるサポートが必要と認めた場合にのみ利用できる。
    ※介護保険での利用と同様で医療保険で訪問看護を受けたい場合もかかりつけ医や訪問看護ステーションなどに依頼。

訪問看護でうけられるサービス内容

高齢者の場合は、内服管理が必要な認知症の方や日常生活能力(ADL)が低下しひとりで入浴ができない、
あるいは入浴時に病状の観察が必要な方が訪問看護を利用するケースが少なくないよう。

その他がん末期や老衰、疾患による終末期にも自宅で過ごせるよう、医療的ケアを受ける方も。

また、ご本人は寝たきりの状態でご家族が介護をしている家庭にも訪問し、
褥瘡(じょくそう ※床ずれのこと)の処置や医療機器の管理、在宅でのリハビリテーション、
排泄のケア、療養上の指導や栄養相談なども行います。

▼具体的例

  • 身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
  • 病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
  • 医師の指示による医療処置
  • 医療機器の管理:在宅酸素、人工呼吸器などの管理
  • がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切なターミナルケア
  • 床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て
  • 拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等の在宅リハビリテーション
  • 認知症による事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
  • ご家族等への介護指導・相談
  • 低栄養や運動機能低下など介護予防のアドバイス

訪問看護を受ける流れ

訪問看護は病気や障害をもちながら在宅療養する人は全て対象になりますが、
その方の疾患、年齢などにより介護保険と医療保険のどちらを利用できるかが異なります。

いずれの保険も必ず主治医の訪問看護指示書が必要。

介護保険で訪問看護を利用できる方は、

  第1号被保険者:65歳以上で、要支援・要介護認定を受けている方。

  第2号被保険者:40~64歳の方は、介護保険上で「特定疾病」とされている末期がんや

          関節リウマチ等が原因で要支援・要介護の認定を受けた場合に利用可能。

いずれも、「要支援1~2」または「要介護1~5」と認定を受けた方は担当ケアマネジャーと相談し、
訪問看護ステーションに依頼する流れになる。

介護区分とは?

介護度(要介護状態等区分とも言います)とは、要介護認定、要支援認定(以下「要介護認定等」と言います)で、
判定される介護の必要性の程度等を表している。

なお、要介護認定等の結果、要介護者、要支援者のいずれにも該当しない「非該当」と判定される場合もある。

要介護:(要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5の5段階)継続して常時介護を必要とする状態であり介護給付を利用できる。

要支援:(要支援1、要支援2の2段階)日常生活を営むのに支障があると見込まれる状態であり、
今の状態を改善あるいは維持するための予防給付を利用できる。

非該当:総合事業を利用できる。

   ▼保険給付と要介護状態区分のイメージ

図:要介護1~5は介護給付、要支援1~2は予防給付が受けられることを示す。

要介護区分の目安

要支援者

要支援者の区分は、要支援1と要支援2があり、身体・精神障害により、6か月にわたり、
継続して日常生活の一部に支障がある状態。

要支援1:日常生活動作(食事・排泄・入浴・掃除)の自宅での生活において、
基本的な日常生活は一人で行うことが可能だが、
手段的日常生活動作(買い物・金銭管理・内服薬管理・電話利用)のどれか1つ、一部見守りや介助が必要な人が対象です。

要支援2:要支援1に加え、下肢筋力低下により、歩行状態が不安定な人。
今後日常生活において介護が必要になる可能性のある人が対象。

要介護者

要介護者の区分は要介護1、2、3、4、5の5段階があり、身体・精神障害により、6か月にわたり、
日常生活動作の一部または全面に介助を必要としている状態です。

要介護1:手段的日常生活動作でどれか1つ、毎日介助が必要となる人が対象。
日常生活動作においても、歩行不安定や下肢筋力低下により一部介助が必要な人が対象です。

要介護2:手段的日常生活動作や日常生活動作の一部に、毎日介助が必要になる人が対象。
日常生活動作を行うことはできるが、認知症の症状がみられており、
日常生活にトラブルのある可能性がある人も対象。

要介護3:自立歩行が困難な人で、杖・歩行器や車いすを利用している人が対象。
手段的日常生活動作や日常生活動作で、毎日何かの部分でも全面的に介助が必要な人が対象。

要介護4:移動には車いすが必要となり、常時介護なしでは、日常生活を送ることができない人が対象。
全面的に介護を行う必要はあるものの、会話が行える状態の人が対象。
胃瘻や点滴で、食事介助の必要性がない人は、全面的な介護が必要でないと判断され、
要介護4に該当することがある。

要介護5:ほとんど寝たきりの状態で、意思の伝達が困難で、自力で食事が行えない状態の人が対象。
日常生活すべての面で、常時介護をしていないと生活することが困難な人が対象。

※要支援2と要介護1は近しい状態だが二つの要素から分けられる。

1つ目は「状態の安定性」:状態の安定性とは、病状そのものではなく、
介護量の増加につながる変化が発生するかどうかというもの。
→認定後6ヶ月以内に介護度の再評価が必要かどうかという観点から判断される。

再評価が必要な場合には、要介護1になる可能性があります。

2つ目は「認知症高齢者の日常生活自立度」:認知症の状況をⅠ~Mの7段階で評価するもの。

その度合いが高いと要介護に判定される可能性が高まる。
→この二つの結果、要支援2と要介護1で分かれる。

最終的には介護認定審査会という会議で話し合われ要介護度が決定するため一概に線引きはできない。

まとめ

今回は訪問看護における保険・サービス内容・要支援・要介護の区分について書いていきました。

将来訪問看護事業所を立ち上げるために勉強していますのでもし参考になればうれしいです😆

今後も勉強して収穫があったら今回みたいに書いて行こうかと思っています!

今後ともたまに遊びに来てください!

ここでにはなりますがオススメの商品を紹介します!

今回の記事は夢ノートというテーマで書きました!
ノートという関連で無理やりにはなるかもしれませんがオススメしたい本があるので紹介します!

マーケティングのことを見るだけでざっくりわかってしまうという本があります!

こちらはかなり読みやすくてすぐに読み終わりました。
すごいわかりやすいのでぜひ読んでみてください!

大学4年間のマーケティング見るだけノート [ 平野敦士カール ]

価格:1,210円
(2021/5/17 22:58時点)
感想(2件)

それでは次回のブログ記事で!!

ブログ日記始めました!

koukiの日記

とある看護師の日常日記というブログ日記を始めたのでよかったら読んで欲しいです!

なるべく多く更新できるようにブログよりは緩く更新していきます!

それでは次回の記事で!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!

個人的にオススメ記事になります!!

あわせて読みたい
高額医療費制度とは? 〜借金しないための医療費〜 みなさんこんにちわ、フラッターブログ住人のkoukiです。 皆さんはいきなり入院することになって時に貯金ができていますか? 貯金でも賄えない分医療費がかかる場合は相...
フラッターブログ
プログラミング言語のハテナ?! 〜PHPとはどんな言語?〜 ~ フラッターブログ フラッターブログ管理人のmasakiです! やってまいりました!プログラミング言語を色々と書いていくシリーズです! 前回はPythonについて書いていきました!今回は自分が勉...
あわせて読みたい
美少女×競走馬!? ウマ娘について語りたい! その4 深夜バラエティーのながら見で夜更かし気味なHikkeyです笑 ウマ娘について語りたい第4弾になります!! 今回はゲームのシステムや攻略の話から離れてウマ娘がもたらした社...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる