看護師が教えるあなたは接種可能なのか?〜コロナワクチン摂取可否チェックリスト〜

こんにちわ、
フラッターブログ住人のkoukiです。

一応毎回自分の自己紹介をしているので紹介させていただくと自分は看護師の仕事をしています。

その際に色々な知識や経験をします。

得た知識などを皆様に共有できるように記事を作っているのでたまに読みにきていただけると今後の励みになります!

ぜひ読んで欲しいです!

今回のテーマはあなたは接種可能なのか?
コロナワクチン摂取可否チェックリストというテーマでやっていきます!!

チェックリストということもあり少しでもわかりやすかったら良いなと思って作りました

最後まで読んでください!!

前回記事URL⏬

あわせて読みたい
看護師が教えるコロナ初期症状とは?〜感染した時のために備えよう〜 こんばんわ、フラッターブログ住人のkoukiです! 最近は急に暑い日がなくなってきたので寒いと感じる日が出てきました。 暑いよりはマシなのですが急すぎるので少しづつ...
にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

ワクチンを接種できない人はどんな人?

一般的に、以下の方は、ワクチンを接種することができません。
ご自身が当てはまると思われる方はワクチンを接種しても良いかをかかりつけ医にご相談ください。

・明らかに発熱している方(※1)
・重い急性疾患にかかっている方
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(※2)の既往歴のある方
・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方

上記に加え、アストラゼネカ社のワクチンの場合は以下の方も接種することができません。

・ワクチン接種後に血小板減少症を伴う静脈もしくは動脈の血栓症を起こしたことがある方
・毛細血管漏出症候群の既往歴のある方

なお、アストラゼネカ社のワクチンは原則40歳以上の方(ただし、他の新型コロナワクチンに含まれる成分に対してアレルギーがあり接種できない等、特に必要がある場合は18歳以上の方)を対象としています。
現時点では、アストラゼネカ社のワクチンの接種を行う機会は限られており、
通常は皆さまに、ファイザー社又は武田/モデルナ社のワクチンを接種いただいています。

(※1)明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。
ただし、37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
(※2)アナフィラキシーや
全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

ワクチンを接種するのに注意が必要なのはどんな人ですか?

一般的に以下の方はワクチンを接種するに当たって注意が必要です。

当てはまる方は予診票に記載をしていただいた上で予診を行います。

・過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方  
・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方  
・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方  
・過去にけいれんを起こしたことがある方  
・ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方

ワクチン接種は体調のよいときに受けるのが基本です。
特に基礎疾患のある方は病状が悪化していたり全身が衰弱している場合は避けた方がよいと考えられます。
ご心配な方はかかりつけ医にご相談ください。

また、新型コロナワクチンは筋肉内に注射することから、  
・抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害のある方は接種後の出血に注意が必要とされています。

基礎疾患のある人は接種可能か?

慢性的な病気のある方もワクチンを接種できる場合が多く、コロナウイルスに感染した場合は重症化するリスクが他の⽅よりも⾼いため、優先接種の対象となっている方も多くいらっしゃいます。

一方、ワクチン接種は体調のよいときに受けるのが基本ですので病状が悪化していたり、
全身が衰弱している場合は避けた方がよいと考えられます。

かかっている病気によっては次のような点に注意しましょう。

0031.jpg

・⾼⾎圧や糖尿病、喘息、肥満、心筋梗塞、心不全、腎臓の病気などの基礎疾患があっても、ワクチンを接種することができます。
新型コロナウイルスに感染した場合、重症化するリスクが他の⽅よりも⾼いため、
こうした病気の治療等のために通院・入院されている方は「基礎疾患を有する者」として優先接種の対象となっています。

・がん、⾻髄移植や臓器移植後、先天性免疫不全、HIVに感染している方などは一般的に免疫力が低下する傾向にあると考えられます。
免疫力が低下している⽅はかかりつけの医師に接種の可否を相談する必要がありますが、
新型コロナウイルスに感染した場合には重症化するリスクが他の⽅よりも⾼いため、
他に接種してはいけない理由がなければ、一般的に接種が勧められています。

また、「免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)」がある⽅は「基礎疾患を有する者」として優先接種の対象となっています。
なお、mRNAワクチン、ウイルスベクターワクチンには新型コロナウイルスそのものが含まれているわけではないので、免疫が低下していることが原因でワクチン接種により新型コロナウイルスに感染することはありません。
⼀⽅で、ワクチンの有効性は接種を受ける⽅の免疫応答に依存するため、
免疫が低下している⽅では他の⽅よりも予防接種の効果が低い可能性があります。
ワクチンを接種した後も引き続き感染流⾏が続いている間はマスクや⼿洗い、
ソーシャルディスタンスを継続することが重要です。

・血友病など血が止まりにくい病気のある方は筋肉内出血のリスクがあるため接種後に接種部位を圧迫していただく必要がありますが接種は可能です。
主治医とご相談をお願いします。

・けいれん発作が起こる方も、けいれん発作状況がよく確認されており、病状と体調が安定していれば、主治医と相談の上、接種することができます。子どもの頃に熱性けいれんを起こしたことのある方も、接種することができます。発熱によってけいれん発作が生じやすい方については、接種後に熱が出た場合の発作予防策や発作時の対策をあらかじめ主治医と相談しましょう。

・過去に新型コロナウイルスに感染したことがある方こちらをご覧ください。

・アレルギー疾患にかかっている方や重いアレルギーの既往のある方は、こちらをご覧ください

アレルギーもちの人は可能か?

食物アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎や花粉症、じんま疹、アレルギー体質などがあるといった理由だけで、接種を受けられないわけではありません。
接種するワクチンの成分に関係のないものに対するアレルギーを持つ方も接種は可能です。

これまでに薬や食品など何らかの物質でアナフィラキシーなどを含む重いアレルギー反応を起こしたことがある方は、
接種直後に調子が悪くなったときに速やかに対応ができるよう通常より長く(30分間)接種会場で待機していただきます。

過去にアレルギー反応やアナフィラキシーを起こしたことがある方は、
予診票にご記入いただくとともに原因の医薬品等やその時の状況をできるだけ詳しく医師にお伝えください。

重いアレルギーで医療機関にかかっている場合には接種の可否について事前に相談することをお勧めします。

薬を飲んでいる人は可能か?

薬を飲んでいるためにワクチンが接種できないということはありませんが、
基礎疾患のある方では免疫不全のある方や病状が重い方など、
接種を慎重に検討した方がよい場合がありますのでこちらをご覧ください。

ステロイドや抗がん剤、免疫を下げる薬(臓器移植や骨髄移植後に使用される免疫抑制剤など)を使⽤中の⽅は、免疫力が低下している状態と考えられています。

免疫力が低下している⽅はかかりつけの医師に接種の可否を相談する必要がありますが、
新型コロナウイルスに感染した場合には重症化するリスクが他の⽅よりも⾼いため、
他に接種してはいけない理由がなければ接種が勧められています。

ステロイドなど免疫の機能を低下させる治療を受けている⽅は、「基礎疾患を有する者」として優先接種の対象となっています。
「血液をサラサラにする薬」として処方されている薬の一部(抗凝固薬が含まれます 抗血小板薬は含まれません)では、
出血が止まりにくいことがあるので予診票でお薬の種類を確認しています。
ご自身が飲んでいる薬が抗凝固薬に当てはまるかどうか不明な方は、かかりつけ医などにご確認いただくかこちらの資料をご覧ください。
服用されている方は接種後に接種場所を2分程度しっかりと押さえるようにお願いします。

新型コロナに感染歴ある人は可能か?

既にコロナウイルスに感染した人も、新型コロナワクチンを接種することができます。(※1)

接種を推奨している国もあり、このウイルスが一度感染しても再度感染する可能性があることと、
自然に感染するよりもワクチン接種の方が新型コロナウイルスに対する血中の抗体の値が高くなることが報告されているからです(※2、※3)

感染後や治療後は接種まで一定の期間をおく必要がある場合もありますので、
いつから接種できるか不明な場合は、主治医にご確認ください。
なお、事前に感染したかどうかを検査して確認する必要はありません。

感染歴のある方に接種すると、感染歴のない方に接種した時よりも高い抗体価を得られた(※4)という報告はありますが、
1回の接種で十分な効果が得られるかどうかはわかっていません。

一方、発熱といった全身性の副反応や接種部位の痛みといった局所の副反応が、
感染歴のない方と比べると高い割合で発現するといった報告もあります。(※5)

米国CDCからは以下のような見解が示されています。
・隔離を中止するための基準が満たされるまで延期する必要がある。
・新型コロナウイルス再感染のリスクは感染後の最初数か月では低く、免疫力の低下により時間とともに増加する可能性があることが示唆されていることから、新型コロナウイルス感染症に最近罹患した人は、必要に応じてワクチン接種を一時的に遅らせることを選択できる。
・加えて、モノクローナル抗体または回復期血漿での治療を受けた場合は、治療から少なくとも90日以降にワクチンを接種することが勧められる。

寝たきりの人(在宅介護)の人は接種可能か?

在宅介護を受けている方もワクチン接種は可能です。

在宅での接種が可能かどうかは主治医と相談してください。
介助があれば接種会場や医療機関へ移動できそうな場合はケアマネージャー等ともご相談ください。
接種する方法が分からない場合はお住まいの市区町村にご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コロナワクチン摂取可否チェックリストというテーマで記事を書いてまいりました。

できるだけ受ける際は無理な体調の時はやめておいて体調が良い時に受ける方が良いと思います。

あとはかかりつけの医者に聞くというのが一番かと思います。

病気によって大丈夫な場合とやめた方が良い又はワクチン接種はだめな場合など色々あるかと思うので確認は必須です!

今回の記事は以上になります!!

今後も皆様の役に立てられるように記事作成頑張ります!

さて話は変わりますが皆様は買い物はどこでしますか

自分は最近外出がめんどくさくてAmazonばかりで買い物をしています笑

今回はAmazonで買ったものを紹介いたします!

URL載せておくので良かったら見てみてください!

消毒液は安かったので買ったのでですが、
マスクはカラフルで良いなと思って買いました笑

それでは次回のブログ記事でお会いしましょう!!

ブログ日記始めました!

koukiの日記

とある看護師の日常日記というブログ日記を始めたのでよかったら読んで欲しいです!

なるべく多く更新できるようにブログよりは緩く更新していきます!

それでは次回の記事で!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!

個人的にオススメ記事になります!!

あわせて読みたい
看護師が教えるコロナ症状とは?〜コロナ潜伏期間はどのくらいなのか〜 こんばんわ、フラッターブログ住人のkoukiです! 最近看護師の仕事を生かして、コロナ関連の記事を書いているのですがかなり反響が良くてやって良かったなと思っていま...
あわせて読みたい
特発性後天性全身性無汗症という指定難病 〜汗がかけない病気のコロナ対応〜 フラッターブログ管理人のmasakiです。 今回は久しぶりに持病について書いていきます。 自分は特発性後天性全身性無汗症という病気です。 指定難病にされている汗のかき...
あわせて読みたい
フラッターラジオ flutter-radio 〜競馬予想ってどうやるの?〜 フラッター ブログ合同ブログの登場人物!! フラッターブログアルバイト(笑)最近、働きが評価されてアルバイトリーダーになったとか!ちなみにアルバイトは彼一人だけ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる