看護師が教えるコロナワクチンの種類とは?〜さまざまなコロナワクチンについて〜

こんばんわ、
フラッターブログ住人のkoukiです!

看護師のお仕事をしているのですが、最近コロナの観戦人数が増えすぎてしまい心配になっています。

今回は前回に引き続き海外製のワクチン(ファイザー・アストラゼネカ・モデルナ)以外の海外製のワクチンについて話していきたいと思います。

なかなか聞いたことないこともあるかもしれませんし、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんが、
今後、皆さんが接種する可能性のあるワクチンですのでぜひ見てみてください。

覚えておいて損のない知識になります!!

それでは参りましょう!!!

自己紹介記事URL

あわせて読みたい
私が看護師になった理由〜看護師になる経緯や仕事内容について〜 皆さんこんにちは,フラッターブログ住人のkoukiです。 今回の記事?はいまさらながら看護師になるまでの経歴やなった理由などを書いていきたいと思います。ということで...

前回の記事URLになります!!!

あわせて読みたい
看護師が教えるコロナワクチンの種類とは?〜さまざまなコロナワクチンについて〜 こんばんわ、フラッターブログ住人のkoukiです! 看護師のお仕事をしているのですが、最近コロナの観戦人数が増えすぎてしまい心配になっています。 今回は前回に引き続...
にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

ジョンソン&ジョンソン社:ウイルスベクターワクチン(米)

ヤンセンワクチン作用:
コロナワクチンのスパイクタンパク質由来の遺伝子を持つ無害なアデノウイルス(風邪ウイルス)が含まれています。
他の承認ワクチン(ファイザー製・モデルナ製)と同じように、このワクチンは新型コロナウイルス感染症の原因となるコロナウイルスを認識して戦う方法を身体に教えます。
このワクチンの特徴として、一回接種するだけで二週間後に身体の防御効果が発揮されるようになります。

副作用:
ワクチン接種後、多くの方に軽度の副作用が生じているようです。
これは身体の自然な反応であ、すなわち体の病気から守る作用によるものです。
副作用がなくても、ワクチンは身体を守る働きをしています。

・ワクチン接種部位の痛み・発赤・頭痛・倦怠感・微熱

上記症状は通常、数日以内に消失します。消失しない場合はかかりつけの医師や病院に相談を。

接種対象者:
18歳以上の成人向け。←妊婦や授乳中の女性、重篤なアレルギーをお持ちの方、血栓症の既往歴があるかた、抗凝固剤を服用している人はかかりつけの医師や病院にご相談を。

接種部位:上腕に筋肉注射

重篤な症状:
・アレルギー反応:稀ではありますが、人によっては新型コロナウイルス感染症ワクチンに対して重度のアレルギー反応が出ることがあります。
重篤なアレルギー反応がないことを確かめるために、ワクチンの接種受けた人は全員、接種後必ずしばらくの間その場で待機するよう求められます。
この待機時間内は、必要に応じて医師の診察を受ける時間となります。

・血液凝固障害:この重篤な状態は脳・腹部あるいは足の結果に血栓ができ、血小板の量が減るというものです。
この状態を、血小板減少症候群を伴う血栓症といいます。この状態は非常に重篤なものであり、死に至る可能性もあります。しかし、うまく治療することも可能です。治療法は他の血栓とは異なります。

ワクチン接種後三週間は以下の重篤度の高い症状に注意が必要。

・激しい頭痛や持続性の頭痛
・視力障害
・胸痛や激しい腹痛
・足の腫れや痛み
・呼吸困難
・接種を受けた部位以外の皮膚にあざや小さな血斑

これらの症状が見らえる場合は、救急車や救急外来にすぐかかってください。
その際に適切な処置を受けられるように、本ワクチンを接種したこと旨を伝えることが重要となります。

海外の状況:2020年9月からアメリカなどで第Ⅲ相試験(6万人規模)を実施中。
2020年11月からイギリスなどで第Ⅲ相試験(三万人規模)を実施中。

生産・供給:2021年から大量供給(順次、世界で年10億規模)を目指す。
国内治験を2020年9月から実施中。国内で承認申請(2021/5/24)。

各国の新型コロナワクチンの開発状況

承認
ファイザー(米)・ビオンテック(独)・モデルナ(米)・アストラゼネカ(英)
オックスフォード大(英)ガレヤマ研究所(露)・バーラト・バイオテック(印)・シノファーム(中)
シノバック(中)・カンノシ(中)ジョンソン&ジョンソン(米)

申請:なし

P3:キュアバック(独)・ノババックス(米)・ザイダス(印)・サノフィ(仏)・GSK(英)

P2/3:イノビオ(英)・アンジェス(日)・クローバーバイオ(中)・GSK(日)・メディカゴ(加)

P2:なし

P1/2:塩野義製薬(日)・サノフィ(仏)・トランスレートバイオ(米)・第一三共(日)・KMバイオロジクス(日)

P1:インベリアル・カレッジ・ロンドン(英)

前臨床:IDファーマ(日)

医薬品開発の各ステップ

医薬品開発ステージをS(シード)段階、L(リード)段階、P(臨床)段階の三段階に分け、さらにそれぞれの中をS0‐S3/L1-L3/P0-P3までに細分化している。

S0:ターゲットを同定し、その標的の創薬妥当性を検証している段階。

S1:スクリーニング系を構築し、スクリーニングを実施している段階。

S2:ツルーヒット化合物を発見しシード化合物へ展開している段階(特異性検証や細胞レベルでの作用検討など)

S3:有望なシード化合物が見つかり、リードへ展開しいる段階

L1:動物試験で効果を示すリード化合物を発見し、最適化を行う段階。

L2:いくつかの有望な化合物を同定し、non GLP試験に進めるために最適に進めている段階。

L3:non GLP試験によってP0候補化合物を選択する段階

P0:GLP試験によってP1候補化合物を選択する段階

P1/P2/P3:臨床試験の1/2/3段階に対応。

最後に

いかがでしたでしょうか。
現在のコロナワクチンの開発状況でした。

様々な国でワクチン開発を行われていますが、安全なワクチンが開発できることを望むばかりですね。
今後、開発状況によっては皆さんがワクチンを打つかの考えが変わりますよね。

今のうちに出来る限りいろんなワクチンを知っとく必要があると思います!

今後もこのブログで開発状況やワクチンを書いていきますので是非楽しみにしておいてください。

最近ブログ記事では報告していますがマスクなどいろいろな食べ物含めてAmazonで買い物しています!

そこで最近買った商品のコロナ対策で買った商品URLを載せておきます!

良かったら見てみてください!!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる