看護師が教えるコロナワクチン接種間隔・保管方法とは?〜コロナワクチンについて知ろう〜

こんばんわ、
フラッターブログ住人のkoukiです!

最近食べ物のタコスが美味しそうで興味持ってきました!

食べたらそのことについて書いていいですかね?笑

雑談はここまでにして、
今回はコロナワクチン摂取間隔・保管方法について書いていきます!

あなたが打つワクチンの接種回数間隔を見てみてください。

最後まで読んでもらえると嬉しいです!!!

それでは参りましょう!

前回記事URL

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

「ファイザー」のワクチンの接種間隔・保管方法

アメリカの製薬大手ファイザーはドイツのバイオ企業、ビオンテックと共同でワクチンを開発し2020年12月からイギリスやアメリカなどで接種が始まりました。
日本国内では厚生労働省が2021年2月14日に承認したあと2月17日から医療従事者を対象にした先行接種が始まり、
4月12日からは各地で高齢者の接種、そして現在は12歳以上に接種が行われています。
政府は年内に9700万人分の供給を受ける契約を結んでいます。

接種方法、回数
接種方法は筋肉注射で皮下脂肪の奥にある筋肉に打つ注射の方法で肩に近い腕の部分、
上腕部に注射針を直角に刺して接種します。

1回目の接種のあと、通常3週間あけて2回目の接種を受けます。

保管方法
ファイザーのワクチンは当初、マイナス90度からマイナス60度の超低温の冷凍庫での保管が必要とされてきましたが、
現在はマイナス25度からマイナス15度の状態で最長で14日間保管する方法が認められています。

接種前に解凍すると2度から8度の冷蔵庫で保管し5日以内に使い切る必要があるとされてきましたが、
厚生労働省がファイザーから新たに提出されたデータをもとに検討した結果、保管できる期間は1か月間に延長されました。

「モデルナ」ワクチンの接種間隔・保管方法

アメリカの製薬会社、モデルナのワクチンは2020年12月以降、アメリカなどで接種が始まりました。
日本国内では製薬大手の武田薬品工業が行った臨床試験の結果に基づいて承認申請を行い、
厚生労働省は2021年5月21日に承認しました。


日本政府はことし9月までに2500万人分のワクチンを供給する契約を交わしています。
接種の対象は12歳以上となっていて東京と大阪に設けられている自衛隊の大規模接種会場や各自治体の大規模接種会場、
それに企業や大学など職域での接種を中心に使用されています。

接種方法、回数
接種方法は筋肉注射で皮下脂肪の奥にある筋肉に打つ注射の方法で肩に近い腕の部分、
上腕部に注射針を直角に刺して接種します。

1回目の接種のあと、通常4週間あけて2回目の接種を受けます。

保管方法
モデルナのワクチンはマイナス25度からマイナス15度の冷凍庫で保管するとしています。
また、ワクチンの添付文書によりますと2度から8度の冷蔵庫で30日間保管でき、接種を行うときには室温などで解凍し、使用前の場合は8度から25度の室温で使える状態を最長12時間保つことができるとしています。

「アストラゼネカ」ワクチンの接種間隔・保管方法

イギリスの製薬大手、アストラゼネカはオックスフォード大学と共同でワクチンを開発し、
2021年1月からイギリスなどで接種が始まりました。
アストラゼネカのウェブサイトによりますと2021年7月28日の時点で緊急使用も含めて世界80の国と地域で承認されているということです。

日本国内でも2021年5月21日に厚生労働省が承認しました。
接種の対象は18歳以上で日本政府は年内に6000万人分を供給する契約を結んでいて国内の製造拠点から4500万人分以上が供給される見通しです。
厚生労働省は2021年7月30日、新型コロナウイルスの感染が急拡大する中このワクチンを公的な予防接種に加えることを決めました。

比較的若い世代で極めてまれに血栓が生じるリスクがあると指摘されていることを踏まえ、
40歳未満には原則、接種しない方針で、どのように接種を進めるか国が自治体の意見を聞いた上で検討するとしています。
日本政府は、台湾やベトナムなどにこのワクチンを提供していて2021年7月には国際的な枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティ」を通じてイランやバングラデシュ、ネパール、太平洋の島しょ国などの15か国に対し、
日本で製造したアストラゼネカのワクチンを提供する方針を明らかにしています。

接種方法、回数
接種方法は筋肉注射で、1回目の接種のあと4週間から12週間あけて2回目の接種を受けます。

間隔は8週間以上おくのが望ましいとされています。

保管方法
2度から8度の冷蔵庫で6か月間保管できますが、開封したあとは6時間以内に使う必要があります。

「ジョンソンエンドジョンソン」ワクチンの接種間隔・保管方法

アメリカの製薬大手、ジョンソン・エンド・ジョンソンが開発したワクチンは、
ウイルスベクターワクチンというタイプです。

ウイルスの表面にある「スパイク」と呼ばれる突起部分のたんぱく質の設計図となる遺伝子を無害な別のウイルスに組み込み、そのウイルスごと投与します。
すると、無害なウイルスが人の細胞に感染して新型コロナウイルスのものと同じスパイクたんぱく質が作られるようになり、それを受けて免疫の働きで抗体が作られる仕組みです。

接種間隔
アメリカで1回接種するだけでよいことから広く使われていて、18歳以上に対して筋肉注射で接種が行われています。

まだ日本では承認されていません。

保管方法
マイナス20度で2年間、2度から8度で最大3か月間保管できます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はワクチンの接種間隔・保管方法を書いていきました。

保管方法は病院向けですがかなりの低い温度でないと保管できないため特別な貯蔵庫が必要ですね。

接種間隔は基本二回投与ですが、ジョンソンエンドジョンソンは日本ではまだ承認されていません。
ただ一回で済むのは楽でいいですよね。

あなたが打つワクチンの回数は何回かをぜひ参考にしてみてください。

今後もフラッターブログでは開発状況やワクチンを書いていきますので是非楽しみにしておいてください。

最近のブログ記事では報告していますがマスクなどいろいろな食べ物含めてAmazonで買い物しています!
軽いAmazon中毒ですかね笑

そこで最近買った商品のコロナ対策で買った商品URLを載せておきます!

良かったら見てみてください!!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる