看護師が教える医療関係者のおしごと 〜助産師とはどんな仕事なの?〜

こんにちわフラッターブログ住人のkoukiです

今回は「助産師」についてかいていきます 

助産師は出産の際にかかわるため女性がかかわったことあるかもしれません

男性も今後奥さんが出産などする際にかかわるかもしれませんので、
どういう仕事内容をしているのか知っとくべきでしょう

それでは話していきます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

<保健師の仕事>

妊産婦と新生児のケアに、分娩介助。

母子の生命と健やかな成長を支える妊産婦を対象に、
保健指導や、育児相談、分娩時の介助を行う。

産科のある病院や市町村の母親学級で講師を務めたり、相談窓口を担当することになる。

核家族化に伴い、妊婦が妊娠・出産にアドバイスを受ける機会が激減しているため、
良きアドバイザーとしての活躍がさらに期待されている。

<保健師になるには>

助産師として働くためには、「看護師資格」「助産師資格」が必要です。

いずれも国家資格であり大学・短大・専門学校・養成所を卒業したうえで、
「国家資格試験」に合格しなくてはなりません。

4年制大学の看護学部や看護学科に設置されている「助産師養成課程」に進み、
卒業見込みの最終年に2つの国家試験を受験し、
合格すれば卒業後すぐに助産師としてのキャリアをスタートできます。

4年間で看護師と助産師どちらの勉強もしなくてはなりませんから、
効率的に見えますが決して楽な道のりではありません。

そのほかにも、4年制大学、3年制の短大・専門学校の「看護師養成課程」を卒業して看護師資格を取得した後、
1年制の「助産師養成所」に通って助産師資格の取得を目指す方法もあります。

<助産師が求める人物像>

大学や助産師養成所に通い、助産師としての専門的な知識・技術を習得したうえで、
国家資格を取得する必要があります。妊婦さんと赤ちゃんの命を預かり、
昼夜問わず働くハードな仕事になるので体力的にも精神的にもタフであることが欠かせません。

妊娠中・分娩時・産後と妊婦さんに寄り添い、安心感を与えるのが助産師の役割になるため、
相手を思いやる心やコミュニケーション力も大切になります。

<助産師の仕事内容>

「お産に立ち会い、赤ちゃんをとり上げる」という印象が強い助産師ですが、
実際の業務はそれだけにとどまりません。

妊娠時の生活指導、妊婦健診の補助、母親学級・父親学級の実施、
産後の母子の体調管理、母乳指導、新生児指導など、産前から産後まで母子とその家族に寄り添い、
きめ細かなサポートを行っています。

また、最近では助産師が医師に代わって妊婦健診を担当する「助産師外来」

思春期・産後の女性の性の悩みや不妊治療に関する相談業務、
子ども向けの「生命や性の教育」を行うなど、
助産師の仕事の幅は以前にも増して広がりを見せています。

<助産師の職場>

助産師が働く場所は、人数の多い順に「病院」「診療所(クリニック)」「助産所」となります。

「病院」が約61%(※)と圧倒的。というのも、
助産師単独では母子ともに問題のない「正常分娩」

しか分娩介助を行うことができず、帝王切開など「異常分娩」の場合は産科医の介在が必要となるため、
医師の配置が義務づけられている病院で出産を行うケースが多くなるからです。

ちなみに、「助産所」には産科医が常駐しないため医療行為はいっさい行えません。

助産所で働く助産師のうち、約半数は助産師として独立して助産所を立ち上げた「開設者」

また、全体から見ると少数ではありますが、保健所や保健センターで働く助産師もいます。

  • 助産院
  • 病院
  • 保健所

<助産師の将来性>

2015年に厚生労働省が発表した人口動態統計によると、
1人の女性が生涯に何人の子どもを産むのかを推計した合計特殊出生率は1.46。

少子化が進み昔に比べてお産の数は減ってはいますが、出産という行為自体はなくならないので、
助産師という仕事が消えることはありません。

産科医・助産師が不足している医療施設では助産師へのニーズが高いほか、産後ケアや不妊治療など、
近年新たに需要が増している分野もありますので、活躍できる場所はむしろ広がっていると考えていいでしょう。

また、晩婚化に伴う高齢出産など「ハイリスク分娩」の管理の必要性が高まっているため、
それに対応できる知識も助産師に求められるようになってきています。

<まとめ>

いかがでしたでしょうか?

「助産師」についてでした。

保健師同様、看護師の資格を取ったうえでの資格になります。

新たな命を見れるということでもあるので人気の職業です。

ただ女性のみの資格なので男性はなれませんが、
出産にかかわる際には出産のプロフェッショナルに聞いてみることもいいとおもいます。

次回はも医療のお仕事にについてかいていきます。

医療関連の仕事が本に載ってるので良かったら読んで見てどのお仕事が良いのか確認してみてください!

自分に合う医療の仕事があると思います!

⬇️⬇️⬇️⬇️商品のURLになります⬇️⬇️⬇️⬇️

国際保健医療のお仕事改訂2版 あなたもチャレンジしてみませんか [ 中村安秀 ]

価格:2,750円
(2021/4/24 22:45時点)
感想(0件)

それでは次回のブログ日記で!!

ブログ日記始めました!

koukiの日記

とある看護師の日常日記というブログ日記を始めたのでよかったら読んで欲しいです!

なるべく多く更新できるようにブログよりは緩く更新していきます!

それでは次回の記事で!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!

個人的にオススメ記事になります!!

フラッターブログ
Pythonで覚えておくと便利なこと 〜range関数とは〜 ~ フラッターブログ フラッターブログ管理人のTakaです! 最近あったかくなってきましたね! 記事にてPythonに関する事を書きたくなったので基礎的な内容ではありますが、「知っておくと地味に...
フラッターブログ
あなたは知ってますか?土木の世界 〜 巨大構造物①編 〜 ~ フラッターブログ こんばんわ!!フラッターブログ住人のKeyです! 今回がこのフラッターブログに加入して3回目の投稿となります。 初めましての方はこちらのリンクに簡単に自己紹介をしてい...
フラッターブログ
看護師が解説!コロナについて〜治療やケアの気になること〜 ~ フラッターブログ こんにちは!! フラッターブログ住人のkoukiです。 前回のブログ記事ではコロナ(COVID-19)の検査についての記事を書いていきました。 今回はコロナに感染してしまった場...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる