とある看護師の日常日記~19日目インプット方法 インプット大全編~

 みなさんこんにちわkoukiです。

 今回は社会人として勉強するためにインプット&アウトプットはとても大切です。

 こどもの頃のようにすべて暗記という方法は大人になるとこの方法だけでは通じなくなってきます。

 なので、まずはインプットの方法を

 精神科医 樺沢 紫苑さん著書の「インプット大全」

 を読み解きながら学んでいきましょう!😀

学び効率が最大化するインプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]

価格:1,595円
(2021/5/26 00:41時点)
感想(9件)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

インプットとは?

インプット【input】( 名 ) スル

①外部にあるものを内部に取り込むこと。特に,コンピューター内部にデータを取り込むこと。

 入力(にゆうりよく)。

②投入。投入量。 ↔ アウトプット

 (引用:三省堂 大辞林

インプットとは、元々コンピューターにデータを取り込むことを指す、『入力』いう意味を持つ言葉です。

ビジネス用語としては人をコンピューターに見立てて情報を取り込む…

つまり、『覚える・記憶する』ことをインプットと言います。

最近では、『体験する』ことなどもインプットと呼ぶこともあります。

総じて、インプットとは、人の記憶や経験として残すことを指します。

  • 読書をして知識を得る。
  • ニュースを見て情報を得る。
  • 仕事の手順をメモして記憶する。

これらは、ビジネス用語においての『インプット』の例です。

振り返ってみると皆さんも日々、自分の中に

情報や知識を取り込む・体験する=インプット

を行なっているのではないでしょうか。

インプット大全のポイント・おすすめ

  1. 「量」より「質」を重視してインプットする。
  2. 読書が苦手な人はオーディオブックや専門家が推薦する本を読む。
  3. 人に会ったり、コミュニティに参加することで一緒に成長する。
  • インプットの能力を高めたい人
  • 効率的にインプットする方法を知りたい人
  • いつも忙しくしている人
  • 自己成長したい人

インプットの基本原則

インプットは「量」より「質」を重視

インプットにおいて「量」「質」のどちらが大切でしょうか?
答えは「質」です。

しかし、ほとんどの人は質がそっちのけで量を目指しています。

それが、あなたが自己成長できない理由の1つかもしれません。

次のうち、自己成長するのはどちらか?

1.月にホームラン本を一冊読む人

2.月に三振本を10冊読む人

ホームラン本とは非常に気づきと学びが多い、座右の書にしたい密度の高い本。

三振本とは、たいした学びが得られない内容の薄い本。

答えは1。

内容の薄い三振本をたくさん読むよりも、
本当に自分にとって必要で「気づき」や「TODO(すべきこと)」をたくさん得られるホームラン本を
1冊しっかり読み込んだ方が自己成長は大きい。

必要とする時間も、ホームラン本を1冊読む方がはるかに少なくて効率が良い。

アウトプット前提のインプット術で記憶に残る

インプットしたら、「2週間で3回以上」アウトプットしましょう。

そうすると、インプットした内容がしっかりと記憶に残ります。

実は何度もアウトプットしなくても、一発のインプットで記憶に残す、そんな超裏技のインプット術があります。

それは「アウトプット前提でインプットを行う」ことです。

なぜ「アウトプット前提」にすると、記憶に残りやすくなるのか?

それは心理的プレッシャーがかかり、緊張状態に陥ると脳内物質ノルアドレナリンが分泌されるから。

ノルアドレナリンが分泌されると集中力が高まり、記憶力、思考力、判断力が高まる。

アウトプットを前提にインプットするだけで圧倒的に記憶に残りやすくなる。

科学的に記憶に残る本の読み方

本を選ぶ

三振本を見抜き、ホームラン本と高い確率で出会う。
結果として、短期間で飛躍的に成長できる。
そのためには「本を選ぶ能力」を高めることが必須です。

読書初心者の方は経験値が少ないので自分にとって必要な本を見抜くことがなかなかできない。

おすすめは読書家や専門家が推薦するホームラン本から読み始めるべき。

読書家が推薦する本は何十冊も読んだ中の厳選された1冊。

効率よく読む

本を買ってきたらまず目次を見て、自分が知りたいこと、

自分の興味のあるテーマをピックアップしそれに相当する部分を読みます。

また、最初からパラパラとページをめくりながら重要なポイントだけを読んでいきます。

そうすると、10〜15分でその本の大体の内容と自分が最も知りたいことが把握できます。

これを「パラパラ読み」と呼んでいます。

パラパラ読みをしてから、今度は1ページ目に戻ってじっくりと読むが、
その本の構成や内容をすでに把握しているために圧倒的に深く読めるようになる。

そして、読書スピードも2倍位アップする。

パラパラ読みが習慣になると最後まで読みきれずに積ん読になるということもなくなる。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

社会人は仕事があり時間もないことが多いが、
学ばないと昇給につながらないので効率よく行いって自分の得たい将来を勝ち取りに行きましょう😀

皆さんも勉強にする際には行ってみてください!!

今回紹介するのは

精神科医 樺沢 紫苑さん著書の「インプット大全」です!

是非読んでみてください!

学び効率が最大化するインプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]

価格:1,595円
(2021/5/26 00:41時点)
感想(9件)

それでは次回のブログ日記で!!!

個人的にオススメ記事になります!!

あわせて読みたい
訪問看護事業所を持つための看護師ノート 〜看護師の独立について考える〜 皆さんこんにちわ、フラッターブログ住人のkoukiです。 この記事は私が将来訪問看護ステーションをもつための夢ノートのような感じで、勉強したものを書いていきますの...
フラッターブログ
プログラミング言語のハテナ?! 〜Pythonとはどんな言語?〜 ~ フラッターブログ フラッターブログ管理人のmasakiです! 最近はなるべく多くIT関連の記事を増やしています。 自分は実際に勉強しているとのこともあり多少の知識があるのでそのことを書いて...
あわせて読みたい
みんなが知らない教育実習とは?! 前編 〜学校の先生になるには〜 半袖シャツで過ごす日が多くなってきたHikkeyです。 今回は以前連載企画の『元教育学部生の覚え書き』で予告した教育実習についての体験記事になります!! この教育実習...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる