とある看護師の日常日記 〜〜7日目 看護師が働く場所・介護分野編~

こんにちはkoukiです。

前回に引き続き二つ目の分野です。

今回は老人ホーム・デイサービス・訪問入浴の三つです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

①老人ホーム

人ホームは入居者に食事などを提供し、入浴等を介助するサービスを行うスタッフがいる、
高齢者向けの生活&居住スペースです。

介護職員を中心に高齢者のさまざまな生活支援を行っている場所になります。

施設には入居者専用の居室がありほかにも食堂や浴場、レクリエーションを行う広間などの共有スペースが
設けられているのが一般的です。

入居者同士がいっしょに食事をしたり趣味や施設内の活動を通じて交流を深めたりするなど、
通常の社会と変わらない生活を送れるようサポートすることが老人ホームにおける看護師のおもな役割です。

(老人ホームでの仕事内容・役割)

老人ホームで看護師に求められるのは「入居者の健康管理」が第一です。

老人ホームは、あくまで高齢者が集う生活の場であり高齢者の病院ではないため、
介護老人福祉施設を除く老人ホームには医師が常駐しておりません。

このため、入居者の健康をしっかりチェックする役割を看護師が担うことになります。

施設の協力医の指示に基づいて必要な処置を行い各人の服薬を管理することはもちろん、
定期健康診断の手配や同じ施設で働く介護職員と連携することも大切な仕事となります。

また、入居者本人から体調について話を聞き、毎日の生活から健康状態をしっかりと把握し、
変化があったときに適切な対応を迅速に行う必要があります。

つまり、介護職員や協力医との綿密な連絡は欠かせません。

その一方で入居者の家族から情報を得ることや逆に健康状態について報告を求められることもあります。

いずれも入居者の緊急時にスムーズに医療機関に対応してもらうための重要な業務です。

それだけ多くの関係者との連携が求められる仕事になりますから、
看護師としての基本的な能力だけではなく高いコミュニケーション能力やサービス精神が求められます。

②デイサービス

デイサービス(通所介護)は高齢者が自宅からデイサービスセンターに通って食事や入浴の介助を受けたり、
リハビリを行ったりレクリエーションを楽しむことができる施設。

一人での外出が困難になり自宅にこもりがちになっている高齢者にとって、
同年代の人と交流する場として機能するほか偏りがちな栄養をしっかり摂ることができます。

さらに家族の介護負担を減らせることから近年サービスを提供する事業者が増えてきました。

カルチャーセンターのようなレクリエーション中心の施設、
衰えた筋肉などの運動機能を取り戻す訓練をしっかり行うデイケア、
高齢者の大きな問題である口腔ケアを強化しているセンター、
さらにはお泊りサービスを実施するところまで。

さまざまな需要に応じデイサービスの範囲は大きな広がりを見せています。

(デイサービスでの仕事内容・役割)

さまざまなサービスがあるデイサービス。

基本的に
「ご利用者が望む生活を実現するためのサポートをする場所である」
ということを念頭に置いておくとデイサービスならではの看護師の働き方を理解できると思います。

実際に求められる仕事は第一にご利用者の健康状態の確認です。

基本的に医師のいない施設ですから、
看護師が「入浴や運動が可能かどうか」を判断する大切な役割を担います。

ご利用者は高齢者となるので小さな異変を見逃さない観察力が求められます。

前回のご利用時との違いを見つけるために記録をしっかりとることも重要です。

ご利用者によっては血糖測定やインシュリン注射を行う、
軟膏塗りや点眼、服薬の指導や補助を行う、 爪切りや傷の処置を行うといった内容が加わります。
また、浣腸や摘便などを行う場合もあります。

これらの業務は一般的な病院で病棟看護師を経験している人であれば、問題なく行える内容といえるでしょう。

なお、デイサービスやデイケアでは看護師のほかにご利用者の介護を行う介護士、
リハビリを担当する理学療法士や作業療法士が働いています。

看護師の役割は「ご利用者の健康をチェック」することですが、
ほかのスタッフの仕事を手伝うことも求められる場合がほとんどです。

③訪問入浴

訪問入浴はその名のとおり利用者の自宅を訪問して入浴介助を行うもので、
介護保険給付サービスのひとつです。

自力での入浴が困難だったり、
自宅の浴室を利用できなくなったりした高齢者がおもな利用者になります。

介護をしている家族の負担を軽減すると同時に利用者の衛生状態を良好に保ち、
湯につかることで疲れを癒す効果もあるため利用者は増加傾向にあり、
同時にサービスを行う事業者も増えています。

この仕事に就く看護師は移動式の浴槽を積んだ車に
介護職員2名とともに乗って、1日に数件を巡ることになります。

(訪問入浴での仕事内容・役割)

一般的な訪問入浴サービスは、
メインとなる介護職員、運転や移動式の浴槽を運ぶなど補助的な仕事を担当する介護職員、
入浴前に利用者の健康状態をチェックする看護師の3名がユニットを組んで行います。

利用者の自宅に着くと室内に浴槽が運びこまれ、そのあいだに看護師がバイタルをチェックします。

入浴は体に負担をかけることですから、利用者の熱や脈拍、
血圧を測るほか家族に体調の話を聞き、さらに観察をして問題がないかを調べていきます。

なお、訪問入浴のサービスを受ける利用者は事前に医師による許可を受ける必要がありますので、
その指示に従って健康状態を確認することになります。

業者によっては医師による「入浴可否意見書」を事前に用意している場合もあり、
この書類に記入された条件をひとつずつチェックして判断を下すこともあるようです。

看護師が「入浴が可能」と判断したときは利用者を浴槽の近くまで運ぶ手伝いや脱衣の手助けを行います。

この段階で外傷などが見受けられるときは、入浴時に痛まないようケアをします。

実際の入浴をメインで対応するのは介護職員ですが、
大人一人を入浴させるのは介護職員2名だけでは到底足りません。

このため看護師も洗体や洗髪といった仕事を補助することになります。
(事業者によっては入浴の補助を行わない場合もあります)

さらに入浴後は、更衣を行うまえに保湿クリームや軟膏の塗布や湿布を貼るといった仕事があります。
入浴後の体調に変化がないかを確認するのもこのタイミングです。

何らかの変化が認められたときはケアマネジャーに連絡をして必要な措置を取るようにします。

また、利用者の家族にとっては医療関係者が自宅を訪れる数少ない機会ですから、
さまざまな質問を受けることもあるようです。

最後に利用者をお部屋まで移動、浴槽などを片づけて1件目の仕事は終了。

次の利用者の元へ車を走らせることになります。

以上が介護分野での看護師の仕事内容・役割でした。

次回はその他の分野にてみていきましょう。

それでは次回のブログ日記で!!

個人的にハマっているお菓子です!

【ポ歳暮】送料無料 A5 B5 最高級 仙台牛 やわらか ビーフジャーキー オンライン飲み 数量限定 数量限定 内祝い プレゼント 御歳暮

価格:600円
(2021/1/15 23:28時点)
感想(60件)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!

個人的にオススメ記事になります!!

フラッターブログ
flutter合同ブログ 第2弾!! ~ フラッターブログ
flutter合同ブログ 第2弾!! ~ フラッターブログ本日のlINE風記事の登場人物!! フラッターブログの管理人ブログを書く速度や寝る速さで彼の右に出るものはいない。 フラッターブログ管理人&裏ボス?!基本裏方だが、頭...
フラッターブログ
現役看護師が教える筋肉作り?! 〜タンパク質は大事〜 ~ フラッターブログ
現役看護師が教える筋肉作り?! 〜タンパク質は大事〜 ~ フラッターブログ1分でわかる当ブログ記事について!・たんぱく質の必要性・重要性について! ・女性・男性にどのくらい必要なのか!・コスパの良いタンパク質多めな食べ物など フラッター...
フラッターブログ
初心者でも分かるHTML単語解説!! ~ フラッターブログ
初心者でも分かるHTML単語解説!! ~ フラッターブログHTML言語をを初心者向けで解説している記事になっております!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる