プログラミング言語のハテナ?! 〜Goとはどんな言語?〜

フラッターブログ管理人のmasakiです!!!

今回のプログラミング言語ですがGoについて書いて参ります!!!!!

GoはGoogleが開発した言語で有名ですよね!

有名ではあるのですがメジャーな言語ではまだないのでこれから発展する言語なのかなと思います!

それでは参りましょう!

前回の記事URLは⬇️

あわせて読みたい
プログラミング言語のハテナ?! 〜Kotlinとはどんな言語?〜 フラッターブログ管理人のmasakiです! プログラミング言語についてかなり久しぶりに記事を書く気がします。 今回はKotlinというプログラミング言語について書いていき...
にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックいただけると嬉しいです!
PVアクセスランキング にほんブログ村
クリックいただけると嬉しいです
目次

a

Go ゴー
処理速度、学びやすさ、ライブラリ⋯
バランスのとれた優等生

誕生 2009年
作った人 Google社
主な用途 Webアプリ

特殊なオブジェクト指向
Goにはクラスという考え方がない。interfaceを使うが、どの構造体にインクーフェイスを使うかは定義しない。
あるインクーフェイスで定義されたメソッドを持つ型は、そのインクーフェイスを実装しているとみなされる。

こんな言語
言語仕様が簡単で覚えやすく、高速に処理できることから人気を集めている。Linux、macOS、Windowsだけでな
<iOSやAndroidにも対応している。
「G」という言語名だけでは、Webで検索しても求めるページにたどり着けないことが多く、「Go言語」や「Golang」と呼ばれることもある。
不要なものは避け、シンプルに作ることで品質のよいコードを作るという考え方で開発されている。

コードスタイルが統一される
ソースコード中の括弧の位置にこだわりがあるプログラマは多いがGoの場合はi文などでプロックを表す中活弧を新しい行に書くような書き方は構文エラーになる。
三項演算子が使えないなどスタイルを統一しやすい。
「gofmt」コマンドを使うと標準のスタイルに修正できる。

標準で備える
ユニットテスト

古くから存在する言語の多くは単体テストを行うためにツールが別途必要となるが最近の言語であるGoには標準で含まれている。
ソースコード中のすべての経路をテストしたかカパレッジを調べることもできる。

容易なクロスコンパイル
LinuxでWindowsのパイナりが作れる、MacでLinuxのバイナリが作れる、などコンバイル時に実行環境を指定できる。
このため、ブログラムの配布が容易になるとのこと。

覚えておきたいキーワード

Goルーチン
軽量なスレッドによる並行処理のため、1つのプロセス内で大量に生成できる。
関数呼び出しの前に「go」を付けるだけで該当の関数を非同期で実行できる。
これによりCPUに合わせた複数スレッドに割り振られ、マルチコアを活用できる。

Docker
コンテナ型仮想化ソフト。
高速に起動し、さまざまな環境に持ち運べることから多くの開発現場で使われている。
Dockerの開発にもGoが使われている。

ONTAINER
Goコマンド
Goで使えるパッケージのダウンロードやインストール、ソースコードのビルドやテストなどを実行できるコマンド。依存関係の調査なども自動で行える。

最後に

いかがでしたでしょうか。

Googleが開発した言語だけあってメジャーになりつつあるGo言語です。

覚えてしまえば需要としてはかなりある言語なので勉強する価値はかなりある言語になります!!

今後の参考になれば幸いです!

ここで紹介させていただくのが独学プログラマーという本です。

こちらはPythonでの内容を書いてるように見える本なのですがプログラミングの考え方について詳しく書いている本なのでかなりおすすめです。

初心者の方は読んで損がないかなと思っています。

是非読んでみてください!

⬇️⬇️⬇️商品URL⬇️⬇️⬇️

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる